バイオマス農法について

Published by モナの丘

圃場食と健康と環境をみつめながら、循環型の農業をめざしています。

私たちの農園から生産される野菜やハーブは、バイオマスプラントで発酵精製された良質のアミノ酸有機土壌活性液を活用して栽培されています。これは下図にあるように化学肥料に頼ることなく、土に力を与えると同時に、環境に配慮した循環型の農業を実現するものです。しかし、現在このような農法は、厳密な意味で有機栽培認定の枠外にあるため、あえて無農薬及び有機栽培ではない、と表題しました。
しかし何よりも言葉ではなく、スタッフ全員の思いは、美味しく安全な農産物を提供したい、地産地消により環境と食糧自給率の向上に寄与したい、という気持ちで日々土と向き合っています。



ビーパックス農法

モナの丘では「バイオマス農法」という食の安全と環境に配慮した理想的な農法を用いています。これは、従来の食品廃棄物を使用する、単に「発酵させた堆肥」作りではなく、微生物を利用した「乳酸菌発酵」と「アミノ酸発酵」との二次に渡る発酵により、良質のアミノ酸有機土壌活性液の液肥を作り出す優れたリサイクル農法です。稲作
また現在、相模川河畔にある水田では、有機土壌活性液を使った稲作の実験栽培もおこなっています。農園で生産された他の農産物と同様に、毎年新米の収穫時には、附属する農業レストランの食卓にも提供されています。さらに、農園の一部では、芋掘りなど農業体験もおこなわれており、青空のもと子供達の土とふれあう教室としても活用されています。
また、近年注目されつつあるアグリセラピーの場としても開放され、農業の新たな可能性を追求しつづけています。

The Hill of MONA © All Rights Reserved.