Archive for 5月, 2009

5月 31 2009

サボイキャベツの収穫始まりました!

Published by 畑のあっこ under 畑通信

サボイキャベツ

ちりめん状の葉をしたサボイキャベツ。3月の頭に定植した苗(3月7日掲載)が、パオパオのトンネルの中で害虫に侵されることなく育ってくれました。茹でた葉を試食してみましたが、しっかりと歯ごたえがあり、生食よりはロールキャベツなどの煮込み料理やスープに向いています。煮くずれしにくく、加熱するほどうまみや甘みが出るようです。
★モナの丘で、「サボイキャベツ」販売中です。数に限りがありますので、どうぞお早目にお試しください♪

ご意見はこちら

5月 29 2009

畑の循環

キャベツ畑片付け

キャベツ畑の片付けです。収穫後の株を抜き、マルチをはがし、次の栽培のために耕運します。葉っぱが、虫や鳥に食べられて穴だらけですね。おまけにヨトウムシや青虫がぼろぼろ出てきます。「もうキャベツは見たくない・・・」そんな心境になりますが、このキャベツ畑は、殺虫剤を1回使用したのみで栽培。限りなく農薬を使用せずに育てるには、虫の存在は否めません。

ハクセキレイ

すると、どこからともなくハクセキレイが集まってきました。しかもやけに近くまで寄ってきます。おやおや!? ヨトウムシと青虫をくわえています! なるほど、鳥たちにはキャベツを引き抜くことで、隠れていた虫が出てくることを分かっているんですね。そういえば冬のネギ畑でも、収穫していく後ろを鳥がついてきて、土から出てくる虫をついばんでいました。この作業も自然の循環の一つになっているのですね。しばし鳥たちの見事なエサ取りに見とれてしまいました。  

2 つのご意見がありました。

5月 28 2009

コモンマロー

Published by モナの丘 under ハーブ通信

img_0009_1_1.jpg

初夏を告げるコモンマローの花が一斉に、大きな葉から顔を出し始めました!
夏に向けて背丈もずいぶんと伸び、次から次へと紫色の花を咲かせています。
花にお湯を注ぐと、涼しげな青色のハーブティーとして楽しむことができます。
そして、もうひとつの楽しみは、ティーにレモンや酸味のあるものを加え、青色から柔らかなピンク色への移り変わるひととき―。その色の変化は、夜が明け始める空を思わせることから、フランスでは「夜明けのティザーヌ(ハーブティー)」と呼ばれています。
季節の変わり目の今の時期は、風邪もひきやすいかと思います。
コモンマローには呼吸器系によいとされている作用があるので、コモンマローのハーブティーを飲みながら、ゆっくりと夜明けの空の色に思いを馳せて休まれてはいかがでしょうか。
きっと、いつもと違う新しい朝が待っていることでしょう!
ハーブ農業研究会より

ご意見はこちら

5月 25 2009

栄養満点、ニンジンの葉ふりかけ

ニンジンの葉ふりかけ

ニンジンの葉でふりかけを作ってみました。ニンジンの葉を湯がき、みじん切りにします。フライパンにごま油を熱し、鷹の爪、ちりめんじゃこを加え、葉の水気がなくなるまで炒めます。醤油と砂糖で味付けしたら、仕上げにいりごまをぱらぱらと。白いご飯が進みます♪ ご飯に混ぜておにぎりにしてもいいかも! 

2 つのご意見がありました。

5月 23 2009

ニンジンの収穫開始です!

ニンジン収穫

ニンジンの収穫が始まりました~。暖かくなってからの野菜の成長ぶりには、ホントに驚くばかりです。見て下さい! この青々とした葉とオレンジ色の根。1月の寒い冬に播いたニンジンの種からこんな立派な姿になるなんて、何だか感慨深いものがあります。葉にも栄養たっぷりで、根の栄養価と比べてみると、ビタミンAは2倍以上、たんぱく質は3倍、カルシウムは5倍、脂質、鉄分、どれも葉のほうが豊富に含んでいるとのこと! 驚きですね。おひたしや炒め物、天ぷら、ドライにしてふりかけ(青のり風味になります)もオススメです。無農薬で育っているので、安心して召し上がってください。
★モナの丘で、「葉付きニンジン」販売開始しました。ぜひお試しください。

4 つのご意見がありました。

- Next »